ショッピング枠現金化を試みる事について

ショッピング枠現金化を試みる事について

クレジットカードを持っている事で、持っていない人では出来ない換金の仕組み。

 

それが果たして良い事なのか悪い事なのか・・・どちらでも構いませんが、間違いなく利用する事で与信枠の全額を手元で掴み取る事は出来ないと考えてください。

 

消費者は消費者の立場ですべての物事を捉えがちですが、ショッピング枠現金化に限らず世の中全ての事業者は、消費者の気持ちや立場になることが出来ます。

 

事業者もまた消費者で有り、露出・認知・売上拡大を目指すためには消費者心理を煽らなくては利益に繋がらないからです。

 

その一方で、消費者は事業者側を知る事は難しく、そのためのWEB上の情報や比較サイト、注意事項などを確認する訳ですが、行政が運営している情報と同じ土台で民間で作成された情報も検索結果に表示されます。

 

これがあらゆる商法のトラブルを招くと言っても過言では無く、ショッピング枠現金化比較サイトも問題されている要因に挙げられ、実際に心理を突いた形で悪意ある嘘の情報を流してショッピング枠現金化を進めているサイトが幾つか存在し、注意喚起のページに交じって堂々と運営が確認出来ます。("未成年"や"専業主婦"+現金化などと検索すると出てきます)

 

このようにショッピング枠現金化が法的には認められている事も無いですが、違法性が懸念されている事は事実でありますが、グレーとして換金できることは事実であり、タダでさえイメージが悪い中でこうした悪意ある比較サイトが存在している為に、さらにトラブルを助長させる要因も有ります。

 

普段からネットに触れる機会の多い方は、こうした情報の見極め方に苦労する事は無いと思いますが、あまり検索をしない方が閲覧した際には、どうその情報を受け取るのかを考えますと、非常に怖いと思いませんか?

 

比較している方が換金したところで、悪意ある情報を流す者は関係無いからこそ無責任に情報を発信しているのですから、基本的にこうしたサイトの良し悪しは、業者の紹介欄を見るのではなく、発信される情報をよく見る事が大切です。

 

一世一代の大勝負とも言えるショッピング枠現金化という金策・・・21世紀に存在するあらゆる金策の中から検討しているという事は、どうしても必要な出費が有るという事でしょう。

 

しかし、自己責任で有り、降りかかるトラブルや考え得る様々な事案に対処できるのか、業者へ委託するのか自分で行うのかは損ませんが、安易に利用するべきコトでは無いと忠告します。

 

田舎に住んでいてもショッピング枠現金化なら手軽に借金できる!

 

ショッピング枠現金化は、実際に利用者として店舗・事務所に足を運ばなくても申し込みが出来る事は有名ですね?ネットというバーチャル空間だけで書類の郵送や審査も不要で取引が完結されることが当たり前となっていますので、ショッピング枠が確実に利用できれば問題ありません。

 

都心や田舎など住んでいる場所のデメリットが全くないのが特徴で、相手の顔が見えないと不安だという声もある一方で、電話受付では女性が応対してくれたという口コミもある事から、怖い人がやっていればそんなところで働こうなんて思わないでしょうからある意味安心ですね。

 

田舎に住んでいると地銀と一部のメガバンクしかない

地方都市や田舎に住んでいるとメガバンクでも一部の金融機関しかないことがあり、転居してきたときにすごく不便な思いをします。

 

その他は、地元の地方銀行や信用金庫がありますが、銀行などの金融機関は役割に応じて細かく業態が決まっていて住み分けがされており、特にコンビニATMでの振り込み確認ではタイムラグが発生する事も見込まれます。

 

全国各地に対応できるショッピング枠現金化に比べ消費者金融になると、なかなか近くにいいお店がなかったり、大手の消費者金融も大都市の基幹駅周辺や繁華街にしか存在しない場合があります。

 

車で通勤するような人は、消費者金融の店舗や無人契約機などを探して車を走らせる必要があり不便ではないでしょうか?車も何かとお金がかかりますし。

 

キャッシングやカードローンは審査が必要

キャッシングやカードローンは、初めての利用の際に審査が必要です。

 

少し厳しいと言わざるを得ない審査内容です。

 

総量規制や各金融機関が定めているお金を借りられる条件をクリアしていれば、誰でもお金を借りることができますが、審査の履歴や申し込みにより、新たな借入枠ができますので、利用には慎重になりましょう。
その点、ショッピング枠現金化では信用情報に介入する事がありませんので、クレジットカードを持っていれば、手続きや融資も全てネットで済むことにより、キャッシングではなくショッピング扱いなので、お金を借りた形跡が残りません。

 

ショッピングはお金の借り入れではありませんので、キャッシング枠の利用とはならないからです。

 

貸金業者がアピールする広告文でもある「自宅でネットにつながったスマホやパソコンがあれば、簡単に手続きができます」の最強版ということになりますね。

 

ショッピング枠現金化の比較ランキング

 

田舎に住んでいて銀行まで行く時間がない人に最適

田舎に住んでいる人でも、銀行に行く時間がない場合があります。

 

コンビニのATMで入金できますが、銀行口座に残高がない場合は、融資を受けたり、キャッシングを利用したりするよりも、ショッピング枠現金化のほうがはるかにスピーディーに手続きができます。

 

手続きを省略したり、利用手数料のことも考えると、ショッピング枠現金化は使える借金方法です。田舎ならば、もっと利用機会が多くなるでしょう。

 

交通費を考えると、ショッピング枠現金化も利用価値があります。

 

新たにキャッシングやカードローンの新規申し込みをしなくてもいいわけですから、柔軟に考えてショッピング枠現金化を活用してください。

 

まとめ

田舎に住んでいてもショッピング枠現金化は、交通費や審査に関する時間を考えると、忙しい人や利用している銀行の支店が遠い人は、ショッピング枠現金化を利用したほうがはるかに利便性は高いです。

 

柔軟に考えてみて、ショッピング枠現金化がお得だと思うなら利用したほうがいいでしょう。

初めてショッピング枠現金化業者が逮捕されてから、毎年のように逮捕者が出ている事をご存知でしょうか?ネット上のニュースで取り上げられる事が多いのですが、事件に大きいも小さいも関係が無いのですが、大事にでもならない限り投稿された事件に関する記事は消えていきます。

 

中にはそのような事件を取り上げてまとめサイト等のネタに使われますが、どうもこのような案件については世間の関心が薄いのか、未だに全国で初めて逮捕された事件についての記事だけがずっと残されています。

 

逮捕された業者と今もなお営業をしている業者の違いには、換金に至るまでの手段や融資・貸金業として集客し、申し込みをした人にショッピング枠現金化を案内して出資法違反に引っかかるなど、古物営業許可を取得していた業者も正規の貸金業営業許可を得ていた業者も逮捕されています。

 

つまり、許可を得たから好き勝手に対応をしても良いという事は無く、営業の許可を認めただけでその内容について違法性を確認した上での許可ではないという事です。

 

現状運営されているところにつきましても、ひょっとしたら違法性が有りながら営業している事も考えられます。

 

考えたら切りがありませんよね?少しでもリスクを抑える為のショッピング枠現金化の比較について下記にまとめます。


必ず比較サイトを見る

 

初見の方も既にどこかで経験がある方もこれは外せない項目であると当サイトでは考えています。

 

単純に業者同士を比較しあっているだけではなく、ショッピング枠現金化そのものに対するたくさんの情報が詰まっており、少なくとも一利用者では知り得ない情報を知る機会は比較サイトが中心です。

 

例え店員さんから受ける説明も、いかに自分たちのところで換金をしてもらうかという営業トークで有りますので、デメリットについて考えさせないようにはぐらかされてしまうかもしれませんし。

 

比較サイトの中で掲載されている業者に一通りコンタクトを取る

 

掲載されている業者から一つを選ぶのではなく、複数のお店にコンタクトを取りましょう。

 

その理由と致しまして、報酬目的で運営されている比較サイトも存在しており、実はほかのお店の方が対応が良いという事も多々あるのが現実です。


この様な手順を踏んだ上で、業者同士も自分の中で比較して優劣を付けていく事が望ましく、特に掲載される情報に嘘偽りが無いかどうかを確認するのは他でも無く自分しかいないのです。
続きを読む≫ 2016/12/29 12:35:29 2016年12月

ここ最近の日本は、これまで平均年収を押し上げていた富裕層が少なくなり、さらにベアと呼ばれる経団連が先導する動きも相まって、中流と言われる世帯が多くなっていると言われています。

 

さらに、少子高齢化に伴い、これからの未来を担う若者にしわ寄せが起きており、年々賃金格差が大きくなって、次第には平均年収額も落ちており、平均年収300万円時代に突入するとも懸念されていますが、ボーナス無しでも考えて1か月の額面が25万円の支給ということですね。

 

しかし、不動産価格は変わらず、収入は制限される一方であるのに物価は対して変わらないのが今の日本・・・年収1/3に規制された貸金業法は、借りられなくなった人たちがさまようキッカケにもなっていると言います。

 

そんな世の中を現すように、ショッピング枠現金化業者は利用者を募り続けています。

 

特に世間体のあるご職業に就かれている方も、この方法であれば何とか工面できるとして忍んで利用しているらしく、中には法人様専用などと特設申込みフォームを用意している業者も有るようです。

 

だからといって何でもかんでも許されている様子も無く、各種メディアではショッピング枠現金化に関する広告の掲載はガイドラインの中で認めないものとする傾向が有り、社会全体でこうした取り組みが功を奏しているのか、年々業者や広告の数も減っていますが、これはあくまでもネットに限った話です。

 

ネットの影響を受けないのか、全国各地に地域に根付いた業者も存在しており、いまだにその需要を失ってはいない現状を感じざるを得ません。

 

金融機関が宣伝するカードローンの世間的な認知度も上がってか、金利もこれまでにないくらいに低金利に借りられるとして主要な金策はショッピング枠現金化でも無く、正規の業者に軍配が上がります。

 

ネットでの展開が減った理由としてはこうした社会の動きだけでなく、SEOというネットで鉄板とされている集客方法の基となる順位決定要素が常に複雑になってきている事も大きい要因です。

 

中身の無いコンテンツを評価しなくなった為、業者を勧めるだけの内容では上位表示されるコトは無く、ネット広告枠の減少は業者の数を飽和させ、結果的に限られたお店しか生き残りが出来なくなっているというかんじでしょうか。

 

SNSと呼ばれる新たなネットワークも有りますが、こうしたネットワークは企業のサービスの一環ですから、このような業種を宣伝させる目的に利用を許可するはずも無く、今後も衰退していく一方ではないでしょうか。

続きを読む≫ 2015/12/08 20:28:08

クレジットカードのショッピング枠を利用して、借金にならない借金をできることを皆さまはご存知でしょうか。

 

通常いう借金とは、全国銀行個人信用情報センターや日本信用情報機構、株式会社シー・アイ・シーが管理している信用情報に記載されているお金のことです。

 

クレジットカードのショッピング枠を利用してお金を借りた場合、この情報は上記のような信用情報機関に登録されないのです。

 

この枠を利用した借金を行える業者を通称ショッピング枠現金化業者と呼びます。

 

この方法は公にできる商売ではなく、しかし違法でもない、所謂グレーゾーンの商売です。

 

ショッピング枠現金化の方法には2種類あるのですが、私が使っているのはキャッシュバック形式という方法です。

 

まずショッピング枠現金化業者のサイトに情報を登録して、後は指定されたサイトから商品を購入するだけで、その商品にキャッシュバックが付いているので、カード決済で支払いを先延ばしにしつつ、即現金を手に入れることができるのです。

 

この時、購入した商品を受け取らないと後々トラブルの原因ともなりかねませんので、しっかり受け取るようにしておきましょう。

 

私はこのサービスを数回利用していますが、カード会社から何か言われることもなく利用ができています。

 

しかし、一応カード会社の規約違反行為に当たるので、覚えておいてくださいね。

 

なんせ給料日前にお金が足りなくなった時のお金の調達方法としては、便利で重宝しています。

 

給料日前に限って、知り合いからの誘いで飲みにいかなくてはならなくなったり、付き合いでの急な出費は痛いものがありますが、そんな悩みもショッピング枠現金化サービスで解消できます。

 

商品を購入してから5分程度で現金が手に入る点もメリットです。

 

一度登録をした業者から借りる場合、最初の登録時の審査が不要となるので借りるまでの時間が速くなります。

 

ただし気を付けないといけないのは、ショッピング枠現金化を利用しすぎることです。

 

ショッピング枠現金化を利用しすぎると、カード会社から目を付けられてしまいます。

 

本来ならカード会社から訴えられる可能性もある行為ですので、借り過ぎはまずいんです。

 

借り過ぎに気を付けて利用をしていれば、特に被害をこうむることもないサービスですので、私はクレジットカードの現金化サービスをお薦めします。

続きを読む≫ 2015/12/02 15:41:02

冠婚葬祭での出費、急な出張での出費、突然入院することになったりした時の出費など生きていく上でこういった不測の事態というのは避けられないものです。

 

そんな不測の事態の急な出費にも対応してくれるサービスがあります。

 

通称ショッピング枠現金化と呼ばれるサービスで、商品を購入するとキャッシュバックを支払ってくれ、現金を手に入れることができるシステムです。

 

後々の支払いは購入時カード決済を行うことにより分割払い、リボ払い、ボーナス一括払いなどが選択できる仕組みになっています。

 

しかしこれはグレーゾーンの商法であり、下手をするとクレジットカード会社からカードを止められてしまったり、他のカード会社から新たにカードが作れなくなったり、悪徳業者の被害に遭ってしまうというリスクが存在しています。

 

とはいっても、リスクを取りたくないのは建前で、現実を見るとこういったサービスに手を出さざるを得ない状況というものが存在します。

 

では、お財布がピンチの時はこういった現金化サービスを利用するしかないのでしょうか。

 

過去の被害事例を見ていきます。まずは、あるフリーターの方のケースです。アルバイトをしていた友達と遊ぶお金を得る為にショッピング枠現金化サービスを利用しようとしました。しかし登録はしたものの気が変わってお金を借りることをやめたそうです。

 

しかし、後日闇金と思われる業者からの電話やメールが頻繁に来るようになったとのことです。

 

このケースでは個人情報が裏で売買された可能性がありますね。

 

次はフリーランスで働いている方のケースです。

 

急な出張でお金を借りる必要があり、ショッピング枠現金化サービスを利用したのに、キャッシュバックが振り込まれた後、実はキャンペーンで増額ができましたと言われ、増額には再処理が必要と言われ、それに従い再処理を行ったそうです。

 

キャッシュバックされた分を再入金したところで業者との連絡が取れなくなり、後で振り込め詐欺であったということがわかりショックを受けたとのことでした。

 

このように被害に遭った人の実例を聞くと、ショッピング枠現金化サービスを利用するという気にはなれなくなるかと思います。

 

どうしても急に現金が必要になったという場合は、amatenというサービスを利用することをお勧めします。

 

厳密にはこれもカード会社の規約に違反する方法なのですが、コンビニでアマゾンギフト券などを購入し、amatenサイトで売却をするという方法です。

 

これなら業者に騙される心配もありませんね。

続きを読む≫ 2015/12/02 15:25:02

どのような良い面と悪い面があるのか調べてみました。

 

換金を考えるキッカケや場面とは?

  • 急な出費があり、お金が必要になったけれど時間が無い時
  • カードのキャッシング枠を使い切ってしまってお金が借りられない時
  • 家族や職場の人に気付かれずに借金がしたい時
  • 複数ある借り入れを一本化したい時

このように、急にお金が必要になったけれど困っているといったケースや、買い物をしすぎたなどの理由でお金がこれ以上借りられない場合の逃げ道として、借金をしていることを内緒にしたいという場合、複数の会社から借り入れをしているのをひとつのカード会社から借りるように調整がしたい場合などにショッピング枠現金化は使われています。

 

非常に困っていて、何も方法が無いと行き詰った時にはとても便利なサービスであるといえます。

 

ショッピング枠現金化の良い面

  • 審査が簡単で楽である
  • 面倒な手続きはいらず、クレジットカードだけあれば良い
  • 手続き後数分で現金が手にはいる
  • 信用情報機関の借り入れ履歴に名前が残らない
  • 融資先が無くなった場合に借り入れを一本化する為に利用できる

このように挙げたのはごく一部で、他にも良い面は沢山あります。

 

審査が楽なのはショッピング枠現金化業者自身の立場は仲介業的位置であり、クレジットカードを持っている時点でクレジットカード会社からの審査は通っているので、審査が簡単で楽なのです。

 

面倒な手続きがいらないのも同様の理由です。

 

通常は買い取り方式というやり方でショッピング枠現金化を行いますが、これは指定の商品を買い取ることでキャッシュバックが支払われるという仕組みのお陰で、即現金を手にすることができるのです。

 

商品を買い取るということになるので、買い取った商品をきちんと受け取る必要があります。

 

信用情報機関の借り入れ履歴に名前が残らないのは、この方法が借金ではなく商品の売買である為です。

 

融資先が無くなった場合、借り入れ先を一本化することに利用でき、表面上の借金を減らすことにも繋がることが良い面です。

 

一方の悪い面

  1. 実際の換金率は最大と書かれている数字ほどは期待できない
  2. 悪徳業者に引っかかることもある

換金率については、謳っている換金率はあくまで最大換金率なのであまり参考にしないほうが良いでしょう。

 

悪徳業者の特徴はスマートフォンや携帯、PCなど複数で見られるようなサイトを作れないところです。

 

他の媒体で見てサイトが無いようであれば使用を控えるようにすれば問題はありません。

続きを読む≫ 2015/11/27 10:41:27