クレジットカード現金化を試みる事について

クレジットカード現金化を試みる事について

クレジットカードを持っている事で、持っていない人では出来ない換金の仕組み。

 

それが果たして良い事なのか悪い事なのか・・・どちらでも構いませんが、間違いなく利用する事で与信枠の全額を手元で掴み取る事は出来ないと考えてください。

 

消費者は消費者の立場ですべての物事を捉えがちですが、クレジットカード現金化に限らず世の中全ての事業者は、消費者の気持ちや立場になることが出来ます。

 

事業者もまた消費者で有り、露出・認知・売上拡大を目指すためには消費者心理を煽らなくては利益に繋がらないからです。

 

その一方で、消費者は事業者側を知る事は難しく、そのためのWEB上の情報や比較サイト、注意事項などを確認する訳ですが、行政が運営している情報と同じ土台で民間で作成された情報も検索結果に表示されます。

 

これがあらゆる商法のトラブルを招くと言っても過言では無く、クレジットカード現金化比較サイトも問題されている要因に挙げられ、実際に心理を突いた形で悪意ある嘘の情報を流してクレジットカード現金化を進めているサイトが幾つか存在し、注意喚起のページに交じって堂々と運営が確認出来ます。("未成年"や"専業主婦"+現金化などと検索すると出てきます)

 

このようにクレジットカード現金化が法的には認められている事も無いですが、違法性が懸念されている事は事実でありますが、グレーとして換金できることは事実であり、タダでさえイメージが悪い中でこうした悪意ある比較サイトが存在している為に、さらにトラブルを助長させる要因も有ります。

 

普段からネットに触れる機会の多い方は、こうした情報の見極め方に苦労する事は無いと思いますが、あまり検索をしない方が閲覧した際には、どうその情報を受け取るのかを考えますと、非常に怖いと思いませんか?

 

比較している方が換金したところで、悪意ある情報を流す者は関係無いからこそ無責任に情報を発信しているのですから、基本的にこうしたサイトの良し悪しは、業者の紹介欄を見るのではなく、発信される情報をよく見る事が大切です。

 

一世一代の大勝負とも言えるクレジットカード現金化という金策・・・21世紀に存在するあらゆる金策の中から検討しているという事は、どうしても必要な出費が有るという事でしょう。

 

しかし、自己責任で有り、降りかかるトラブルや考え得る様々な事案に対処できるのか、業者へ委託するのか自分で行うのかは損ませんが、安易に利用するべきコトでは無いと忠告します。

ここ最近の日本は、これまで平均年収を押し上げていた富裕層が少なくなり、さらにベアと呼ばれる経団連が先導する動きも相まって、中流と言われる世帯が多くなっていると言われています。

 

さらに、少子高齢化に伴い、これからの未来を担う若者にしわ寄せが起きており、年々賃金格差が大きくなって、次第には平均年収額も落ちており、平均年収300万円時代に突入するとも懸念されていますが、ボーナス無しでも考えて1か月の額面が25万円の支給ということですね。

 

しかし、不動産価格は変わらず、収入は制限される一方であるのに物価は対して変わらないのが今の日本・・・年収1/3に規制された貸金業法は、借りられなくなった人たちがさまようキッカケにもなっていると言います。

 

そんな世の中を現すように、クレジットカード現金化業者は利用者を募り続けています。

 

特に世間体のあるご職業に就かれている方も、この方法であれば何とか工面できるとして忍んで利用しているらしく、中には法人様専用などと特設申込みフォームを用意している業者も有るようです。

 

だからといって何でもかんでも許されている様子も無く、各種メディアではクレジットカード現金化に関する広告の掲載はガイドラインの中で認めないものとする傾向が有り、社会全体でこうした取り組みが功を奏しているのか、年々業者や広告の数も減っていますが、これはあくまでもネットに限った話です。

 

ネットの影響を受けないのか、全国各地に地域に根付いた業者も存在しており、いまだにその需要を失ってはいない現状を感じざるを得ません。

 

金融機関が宣伝するカードローンの世間的な認知度も上がってか、金利もこれまでにないくらいに低金利に借りられるとして主要な金策はクレジットカード現金化でも無く、正規の業者に軍配が上がります。

 

ネットでの展開が減った理由としてはこうした社会の動きだけでなく、SEOというネットで鉄板とされている集客方法の基となる順位決定要素が常に複雑になってきている事も大きい要因です。

 

中身の無いコンテンツを評価しなくなった為、業者を勧めるだけの内容では上位表示されるコトは無く、ネット広告枠の減少は業者の数を飽和させ、結果的に限られたお店しか生き残りが出来なくなっているというかんじでしょうか。

 

SNSと呼ばれる新たなネットワークも有りますが、こうしたネットワークは企業のサービスの一環ですから、このような業種を宣伝させる目的に利用を許可するはずも無く、今後も衰退していく一方ではないでしょうか。

続きを読む≫ 2015/12/08 20:28:08

クレジットカードのショッピング枠を利用して、借金にならない借金をできることを皆さまはご存知でしょうか。

 

通常いう借金とは、全国銀行個人信用情報センターや日本信用情報機構、株式会社シー・アイ・シーが管理している信用情報に記載されているお金のことです。

 

クレジットカードのショッピング枠を利用してお金を借りた場合、この情報は上記のような信用情報機関に登録されないのです。

 

この枠を利用した借金を行える業者を通称クレジットカード現金化業者と呼びます。

 

この方法は公にできる商売ではなく、しかし違法でもない、所謂グレーゾーンの商売です。

 

クレジットカード現金化の方法には2種類あるのですが、私が使っているのはキャッシュバック形式という方法です。

 

まずクレジットカード現金化業者のサイトに情報を登録して、後は指定されたサイトから商品を購入するだけで、その商品にキャッシュバックが付いているので、カード決済で支払いを先延ばしにしつつ、即現金を手に入れることができるのです。

 

この時、購入した商品を受け取らないと後々トラブルの原因ともなりかねませんので、しっかり受け取るようにしておきましょう。

 

私はこのサービスを数回利用していますが、カード会社から何か言われることもなく利用ができています。

 

しかし、一応カード会社の規約違反行為に当たるので、覚えておいてくださいね。

 

なんせ給料日前にお金が足りなくなった時のお金の調達方法としては、便利で重宝しています。

 

給料日前に限って、知り合いからの誘いで飲みにいかなくてはならなくなったり、付き合いでの急な出費は痛いものがありますが、そんな悩みもクレジットカード現金化サービスで解消できます。

 

商品を購入してから5分程度で現金が手に入る点もメリットです。

 

一度登録をした業者から借りる場合、最初の登録時の審査が不要となるので借りるまでの時間が速くなります。

 

ただし気を付けないといけないのは、クレジットカード現金化を利用しすぎることです。

 

クレジットカード現金化を利用しすぎると、カード会社から目を付けられてしまいます。

 

本来ならカード会社から訴えられる可能性もある行為ですので、借り過ぎはまずいんです。

 

借り過ぎに気を付けて利用をしていれば、特に被害をこうむることもないサービスですので、私はクレジットカードの現金化サービスをお薦めします。

続きを読む≫ 2015/12/02 15:41:02

冠婚葬祭での出費、急な出張での出費、突然入院することになったりした時の出費など生きていく上でこういった不測の事態というのは避けられないものです。

 

そんな不測の事態の急な出費にも対応してくれるサービスがあります。

 

通称クレジットカード現金化と呼ばれるサービスで、商品を購入するとキャッシュバックを支払ってくれ、現金を手に入れることができるシステムです。

 

後々の支払いは購入時カード決済を行うことにより分割払い、リボ払い、ボーナス一括払いなどが選択できる仕組みになっています。

 

しかしこれはグレーゾーンの商法であり、下手をするとクレジットカード会社からカードを止められてしまったり、他のカード会社から新たにカードが作れなくなったり、悪徳業者の被害に遭ってしまうというリスクが存在しています。

 

とはいっても、リスクを取りたくないのは建前で、現実を見るとこういったサービスに手を出さざるを得ない状況というものが存在します。

 

では、お財布がピンチの時はこういった現金化サービスを利用するしかないのでしょうか。

 

過去の被害事例を見ていきます。まずは、あるフリーターの方のケースです。アルバイトをしていた友達と遊ぶお金を得る為にクレジットカード現金化サービスを利用しようとしました。しかし登録はしたものの気が変わってお金を借りることをやめたそうです。

 

しかし、後日闇金と思われる業者からの電話やメールが頻繁に来るようになったとのことです。

 

このケースでは個人情報が裏で売買された可能性がありますね。

 

次はフリーランスで働いている方のケースです。

 

急な出張でお金を借りる必要があり、クレジットカード現金化サービスを利用したのに、キャッシュバックが振り込まれた後、実はキャンペーンで増額ができましたと言われ、増額には再処理が必要と言われ、それに従い再処理を行ったそうです。

 

キャッシュバックされた分を再入金したところで業者との連絡が取れなくなり、後で振り込め詐欺であったということがわかりショックを受けたとのことでした。

 

このように被害に遭った人の実例を聞くと、クレジットカード現金化サービスを利用するという気にはなれなくなるかと思います。

 

どうしても急に現金が必要になったという場合は、amatenというサービスを利用することをお勧めします。

 

厳密にはこれもカード会社の規約に違反する方法なのですが、コンビニでアマゾンギフト券などを購入し、amatenサイトで売却をするという方法です。

 

これなら業者に騙される心配もありませんね。

続きを読む≫ 2015/12/02 15:25:02

どのような良い面と悪い面があるのか調べてみました。

 

換金を考えるキッカケや場面とは?

  • 急な出費があり、お金が必要になったけれど時間が無い時
  • カードのキャッシング枠を使い切ってしまってお金が借りられない時
  • 家族や職場の人に気付かれずに借金がしたい時
  • 複数ある借り入れを一本化したい時

このように、急にお金が必要になったけれど困っているといったケースや、買い物をしすぎたなどの理由でお金がこれ以上借りられない場合の逃げ道として、借金をしていることを内緒にしたいという場合、複数の会社から借り入れをしているのをひとつのカード会社から借りるように調整がしたい場合などにクレジットカード現金化は使われています。

 

非常に困っていて、何も方法が無いと行き詰った時にはとても便利なサービスであるといえます。

 

クレジットカード現金化の良い面

  • 審査が簡単で楽である
  • 面倒な手続きはいらず、クレジットカードだけあれば良い
  • 手続き後数分で現金が手にはいる
  • 信用情報機関の借り入れ履歴に名前が残らない
  • 融資先が無くなった場合に借り入れを一本化する為に利用できる

このように挙げたのはごく一部で、他にも良い面は沢山あります。

 

審査が楽なのはクレジットカード現金化業者自身の立場は仲介業的位置であり、クレジットカードを持っている時点でクレジットカード会社からの審査は通っているので、審査が簡単で楽なのです。

 

面倒な手続きがいらないのも同様の理由です。

 

通常は買い取り方式というやり方でクレジットカード現金化を行いますが、これは指定の商品を買い取ることでキャッシュバックが支払われるという仕組みのお陰で、即現金を手にすることができるのです。

 

商品を買い取るということになるので、買い取った商品をきちんと受け取る必要があります。

 

信用情報機関の借り入れ履歴に名前が残らないのは、この方法が借金ではなく商品の売買である為です。

 

融資先が無くなった場合、借り入れ先を一本化することに利用でき、表面上の借金を減らすことにも繋がることが良い面です。

 

一方の悪い面

  1. 実際の換金率は最大と書かれている数字ほどは期待できない
  2. 悪徳業者に引っかかることもある

換金率については、謳っている換金率はあくまで最大換金率なのであまり参考にしないほうが良いでしょう。

 

悪徳業者の特徴はスマートフォンや携帯、PCなど複数で見られるようなサイトを作れないところです。

 

他の媒体で見てサイトが無いようであれば使用を控えるようにすれば問題はありません。

続きを読む≫ 2015/11/27 10:41:27

クレジットカード現金化は、借金と同じように利用した分だけ返さなければなりません。

 

でも、5万円以下といったちょっとしたお金なら利用しても問題ないのでしょうか?また、簡単にクレジットカード現金化ができるのかどうかも確認しておきましょう。

 

詐欺に遭わないために少額借り入れから始める!

 

数十万円を借りることが多いかもしれませんが、実際には数万円からでも借りることができ、頻繁に使うものではないものの、いざというときに使える状態にしておきたい、そう思うはずです。

 

あえて少額で試しに換金をする選択もアリではないでしょうか?最初から多額の現金を借りるよりも、少額で一度試みて、そのクレジットカード現金化方法の信ぴょう性を確かめてから、必要予算に見合った申込みをするとリスクを減らすことが出来ます。

 

情報の取り扱いや店員の対応に敏感になろう

 

クレジットカード現金化で詐欺に遭ったら、全額戻ってこないと考えてください。

 

クレジットカード会社に問い合わせてみても、そもそも換金目的での決済は所有者における禁止事項ですから、利用停止にもなってしまいます。

 

けれども、少額程度なら損をしても金額が少なくて済みますので、授業料だと思って諦めてください。

 

クレジットカード情報は決済時のみに使用し、カード番号、セキュリティコードも不用意に記載してFAXで流さないようにしましょう。

 

また、利用後に手数料を請求したり、再度利用させたりするような店員の対応に気を付けましょう。

 

少額利用だと還元率が悪いこともある

 

クレジットカード現金化で少額利用した場合、不利になることもあります。

 

業者としても、多額の利用をしてくれた方が利益が出るからです。

 

そのため、5万円以下の少額利用では換金率が悪くなることがありますが、極端に変わる業者は悪徳対応と見切りを付けましょう。

 

ただ、お試しで利用しているわけですから、仮に被害に遭ったとしても、少ない被害額で済んだと割り切って考えるべきで有り、何度か利用してみて、特に何も言われないのであれば、継続して利用できるクレジットカード現金化業者です。

 

まとめ

 

5万円以内の少額でもクレジットカード現金化は可能です。

 

詐欺に遭わないための一手段として、少額から換金してみたり、情報の取り扱いに不安を感じたり、割増の手数料を要求するような業者はすぐに取引をやめましょう。

 

少額利用はあくまでもお試しですから、換金率が悪くなることがあります。

続きを読む≫ 2015/11/27 10:20:27

この仕組みは当初、時間を要する方法として利用者からは割と敬遠されがちな仕組みでした。

 

一昔前までは、今現在よりも発行元におけるシステムや審査が緩かったということもあり、こうした専門業者を利用しなくても自分自身で買い付け、それを買い取り屋に持っていくことが出来ましたので、クレジットカード現金化と言えば「新幹線の回数券」と言われるくらい、転売した先でも捌きやすい商品を換金性の高い商品とし、積極的に売買されてきました。

 

昔は新幹線のチケットが金券ショップには「●●〜△△間が¥●,×△■」などと、張り紙がありましたが大分減りましたよね?

 

今現在は発行元や関連団体の厳しい規制も相まって、こうした換金率の良い品物については続々と取扱いが出来ないものとして浸透していき、結果的に現在この方式で取引をしたい場合には、業者を通すことがセオリーとされています。

 

買取式をより細かく分析しますと以下のようになります。

  • 手順を教え、買った商品を買取
  • 例えばブランド品のバックを購入し、そのバックを買取りますという方法です。

     

    買取金額が決済金額を上回ることは無く、業者としても利益を挙げられる値段の範囲内の金額での買取を行い、その差額が粗利となるわけです。

     

  • 業者が商品を用意しており、それを買う⇒買取依頼
  •  

    こちらもBOOKOFFがイメージしやすいかもしれません。

     

    購入先でまた買い取ってもらう仕組みで、同じ業者が行っているとは言え販売価格と買取額にこちらも差額が生じます。

     

    無論、それが業者の粗利です。

 

Amazonギフト券現金化も買取式に該当する?

 

近年主力の媒介物として猛威を振るっておりますが、電子コードとは言え所有権が存在しており、発行されてからのトラブルに関してはAmazonが対応することが無いと公式から回答を確認しています。

 

これはコードを送付する際に、受取人に指定した人物に所有権が移行しているからとされているからです。

 

しかし、あくまでも贈り物として利用されることを目的に発行されているギフト券ですから、受取人に直接送信するということは、「購入したけど自分の物では無い、プレゼントしただけ」と同じ意味であり、一度自分自身が受け取っていなければ、買取でも何でも無いということです。

 

実はこれに気付いた業者は私が知る限りでは1社のみで、他は頭が弱いのか堂々と送信先を業者指定のアドレスに送付させ、「買い取ります」と言っています。

 

だから古物商も必要が無いわけですが、こんなのに騙される方もオツムが弱いと言わざるを得ません。

続きを読む≫ 2015/11/26 11:28:26

なぜクレジットカード現金化を業として運営され続けているのか疑問に思ったことはありませんか?しかし、利用しているヘビーユーザーの方は既に理解した上で選択されていることと思います。

 

本当に何も感じなければ、クレジットカード現金化を選択する理由なんて誰にもありませんからね。

 

確かにこれまでにこのサービスを業として営んでいたものが世間の話題になっていたことも確かではありますが、それはそれで手段がかなり手抜きされていたことで被ったようで、キャッシュバックにしても買取にしても検挙されていますが、どちらの方式も現存されています。

 

実際に検索結果の上位に表示されている業者だけを調べてみましても、ほど全てにおいていずれかの仕組みを取り入れて運営されており、問題に上がっているところと運営を続けているところの違いについて問い合わせをしてみますと、正直企業努力の差かと思います。

 

例えば、悪質と言われる対応は「商品を送ったという事にする」「買取と言いながら買い取っていない(Amazonギフト券)」が当てはまり、これらの手法の場合、会計処理で明らかに突かれるでしょうから、上手く言い逃れたとしても疑いの目で調べられた場合には、取引の実態が無いとして出資法違反に課せられることになるのではないでしょうか。

 

最近で検挙された例ですと、クレジットカード現金化を業としていましたが、集客は業績の悪い経営者や多重債務でにっちもさっちもいかなくなっているような人の連絡先を名簿屋から引っ張り、融資と称してFAXで宣伝していたことに加え、古物商許可を所有していた例としては初めてのコトではないでしょうか。

 

その為、買取なら大丈夫と宣伝していた業者も最近はそのような露出も無くなっているような気もします。

 

年々新たな媒介物が誕生しているものの、次第に問題視されつつあることも間違いありませんので、今は換金出来たとしても将来は無くなっている・・・嫌、無くなってほしい産業ですね。

 

少子高齢化社会の中で、詐欺や詐取、虚業と呼ばれるような貸金業や生産性の無い代理業ばかりが収入を得られる悪循環にある社会環境ですから、グレーなサービスや第一次産業の充実が国を、国民を豊かにすると私は思います。

 

クレジットカードを利用した取引は、キャッシングかショッピングのいずれかしか無く、内訳としてショッピングすることを禁じてしまえばクレジットカード現金化なんて出来ませんし、ショッピング枠がショッピング出来る以上、媒介物が特定されない以上は法的な規制も施行されるコトは無いことから、現在は合法と言う考え方が出来るのも確かです。

続きを読む≫ 2015/11/26 11:23:26

クレジットカード現金化を利用する方は、年齢や性別、職業に関わらず、お金に困った方が利用する換金方法で有り、お金が有るのに換金を希望する方は、何等かの経費にする為のロンダリング目的でも利用されている事が考察されます。

 

特に誰もが購入しやすく、需要から捌けやすいAmazonギフト券がロンダリングの代表的媒介物として、金融機関口座を晒すことなく換金出来るとして詐欺師のツールとして幅広く利用されているようです。

 

このように、利用の仕方では金策にもなりますし、資金決済手段の方法としても用いられる事もあるのですが、クレジットカード現金化における換金の要素とは、本来手元に無いお金を手にする事が出来るから需要が生まれています。

 

当然お金が無い人が利用する事になると思いますが、その属性にある方々は借りられなければ相談できるところも無く、こうした第三者に依頼をするのですから、あながち間違っているとは言えません。

 

しかし、クレジットカード現金化を利用してはいけませんと注意している方もおり、実際に起こった出来事としての保証が無いのにもかかわらず、考え得るリスクを誇大表現して利用者を増やさない努力を感じられるのですが、その立場にある人について考えてみてください。

 

彼ら・・・お金に困っていませんよね?そう、当事者としては換金して工面したいのに、利用するなという困っていない人たち。

 

その立場にある方が資金的援助をする事も無ければ具体的解決策を提示してくれるわけでも、身代わりになる事も無く、高見の見物をしているのです。

 

困っていなければ利用する事も無い、そんなことは当事者でも理解している事であり、困っていない人たちが換金を希望する事は有りませんし、金銭的な部分で手数料が発生する事を損取っていますが、世の中にあるあらゆる商品の購入や、サービスの購入の全てがお金が絡んだ上で提供されておりますので、クレジットカード現金化の手数料がやたら非難轟轟とされるのも可笑しい話です。

 

決してクレジットカード現金化でバンバン換金する事をオススメしているわけでは無いのですが、違法で無い取引、グレーとされて当然でも有りますが、注意喚起する側も違法とは断定する事が出来無いのでそれこそグレーな方法で喚起をしているとも言えます。

 

あくまで換金目的に利用する事について中立的な立場にあるのはカードホルダーで有り、各々に責任を持った判断が求められます。

続きを読む≫ 2015/11/25 12:17:25
クレジットカード現金化によるお金の持ち主を考えてみる

 

クレジットカード現金化の仕組みをよく理解していないと、自分がクレジットカード会社からお金を得ているのか、業者からお金を借りているのか・・・一体何で手にしているのか仕組みが分からくなってしまうコトになります。

 

ただし、間違いなく換金を希望しているのは自分自身ですから、これを支払いの抗弁を申し立てる事が出来ませんし、バカバカしい行動であると言えます。

 

クレジットカード現金化業者は、購入した商品を買い取ったり、応じてキャッシュバックをしているとされている為、間接的にお金をまるで貸すような形になっていますが、実際の返済先はクレジットカードカード会社になります。

 

そのため、キャッシング業者に多い闇金の類いに引っ掛かる確率が低いと言え、よく連想される取り立て行為は無いでしょう。

 

クレジットカード会社への返済ですから、請求書の郵送による支払い方法、または銀行引き落としになりますし、使った分だけ支払い義務があることは当然だということです。

 

毎月の返済に遅れてしまった場合

 

もちろん、クレジットカード現金化業者に手数料や利息を支払う必要も有りませんが、ここでよく勘違いをされている方が多いようで、これらは全て店員の説明不足が原因かと推測されます。

 

すでに手数料は差し引かれて上で、まとまったお金を手にしているのですが、返済に遅れたとしても、クレジットカード現金化業者は全く関係ありませんので返済の相談をしてはいけないと言いますか、そもそも相談される理由が無いのです。

 

支払い方法の変更は、必ず発行元に連絡を入れるようにしましょう。

 

返済が遅れても、執拗な取り立てはなく、あくまでもソフト(?)な督促が始まると思いますが、当然支払いが出来ないとクレジットカードの利用は停止され、新規申し込みもできませんし、他社への申込みも信用情報が共有されている為に不可能であると認識してください。

 

誰も自分自身にあげた、プレゼントした感覚で与信枠は提供されていませんので、絶対返済に遅れないようにしましょう。

 

仕組みをよく理解し不合理な請求項目を匂わせたら要注意!

 

仕組みをよく知らないと、クレジットカード現金化業者に支払いが出来ません、という連絡をしてしまう人がいるようで、もし悪質な業者だったとすると、闇金を紹介して融資が可能だという話を持ちかけることがあります。

 

こうして、クレジットカード現金化だけの利用のはずが、紹介屋まがいの対応をされ闇金業者の餌食になってします事も・・・。

 

まとめ

 

クレジットカードの返済に困ったら、クレジットカード現金化業者に連絡してはいけません。

 

できれば、弁護士やクレジットカード会社に連絡を入れ、借金返済の相談をするべきですが、そうなる事が予測される位なら、最初から申込みをしてはダメです。

 

自分自身で望んだ行為に伴って、返済が出来ないのは業者のせいにする事も本末転倒であり、相談すべき相手を間違えないようにしましょう。

続きを読む≫ 2015/11/25 11:52:25