ショッピング枠現金化を試みる事について

ショッピング枠現金化を試みる事について

クレジットカードを持っている事で、持っていない人では出来ない換金の仕組み。

 

それが果たして良い事なのか悪い事なのか・・・どちらでも構いませんが、間違いなく利用する事で与信枠の全額を手元で掴み取る事は出来ないと考えてください。

 

消費者は消費者の立場ですべての物事を捉えがちですが、ショッピング枠現金化に限らず世の中全ての事業者は、消費者の気持ちや立場になることが出来ます。

 

事業者もまた消費者で有り、露出・認知・売上拡大を目指すためには消費者心理を煽らなくては利益に繋がらないからです。

 

その一方で、消費者は事業者側を知る事は難しく、そのためのWEB上の情報や比較サイト、注意事項などを確認する訳ですが、行政が運営している情報と同じ土台で民間で作成された情報も検索結果に表示されます。

 

これがあらゆる商法のトラブルを招くと言っても過言では無く、ショッピング枠現金化比較サイトも問題されている要因に挙げられ、実際に心理を突いた形で悪意ある嘘の情報を流してショッピング枠現金化を進めているサイトが幾つか存在し、注意喚起のページに交じって堂々と運営が確認出来ます。("未成年"や"専業主婦"+現金化などと検索すると出てきます)

 

このようにショッピング枠現金化が法的には認められている事も無いですが、違法性が懸念されている事は事実でありますが、グレーとして換金できることは事実であり、タダでさえイメージが悪い中でこうした悪意ある比較サイトが存在している為に、さらにトラブルを助長させる要因も有ります。

 

普段からネットに触れる機会の多い方は、こうした情報の見極め方に苦労する事は無いと思いますが、あまり検索をしない方が閲覧した際には、どうその情報を受け取るのかを考えますと、非常に怖いと思いませんか?

 

比較している方が換金したところで、悪意ある情報を流す者は関係無いからこそ無責任に情報を発信しているのですから、基本的にこうしたサイトの良し悪しは、業者の紹介欄を見るのではなく、発信される情報をよく見る事が大切です。

 

一世一代の大勝負とも言えるショッピング枠現金化という金策・・・21世紀に存在するあらゆる金策の中から検討しているという事は、どうしても必要な出費が有るという事でしょう。

 

しかし、自己責任で有り、降りかかるトラブルや考え得る様々な事案に対処できるのか、業者へ委託するのか自分で行うのかは損ませんが、安易に利用するべきコトでは無いと忠告します。

 

田舎に住んでいてもショッピング枠現金化なら手軽に借金できる!

 

ショッピング枠現金化は、実際に利用者として店舗・事務所に足を運ばなくても申し込みが出来る事は有名ですね?ネットというバーチャル空間だけで書類の郵送や審査も不要で取引が完結されることが当たり前となっていますので、ショッピング枠が確実に利用できれば問題ありません。

 

都心や田舎など住んでいる場所のデメリットが全くないのが特徴で、相手の顔が見えないと不安だという声もある一方で、電話受付では女性が応対してくれたという口コミもある事から、怖い人がやっていればそんなところで働こうなんて思わないでしょうからある意味安心ですね。

 

田舎に住んでいると地銀と一部のメガバンクしかない

地方都市や田舎に住んでいるとメガバンクでも一部の金融機関しかないことがあり、転居してきたときにすごく不便な思いをします。

 

その他は、地元の地方銀行や信用金庫がありますが、銀行などの金融機関は役割に応じて細かく業態が決まっていて住み分けがされており、特にコンビニATMでの振り込み確認ではタイムラグが発生する事も見込まれます。

 

全国各地に対応できるショッピング枠現金化に比べ消費者金融になると、なかなか近くにいいお店がなかったり、大手の消費者金融も大都市の基幹駅周辺や繁華街にしか存在しない場合があります。

 

車で通勤するような人は、消費者金融の店舗や無人契約機などを探して車を走らせる必要があり不便ではないでしょうか?車も何かとお金がかかりますし。

 

キャッシングやカードローンは審査が必要

キャッシングやカードローンは、初めての利用の際に審査が必要です。

 

少し厳しいと言わざるを得ない審査内容です。

 

総量規制や各金融機関が定めているお金を借りられる条件をクリアしていれば、誰でもお金を借りることができますが、審査の履歴や申し込みにより、新たな借入枠ができますので、利用には慎重になりましょう。
その点、ショッピング枠現金化では信用情報に介入する事がありませんので、クレジットカードを持っていれば、手続きや融資も全てネットで済むことにより、キャッシングではなくショッピング扱いなので、お金を借りた形跡が残りません。

 

ショッピングはお金の借り入れではありませんので、キャッシング枠の利用とはならないからです。

 

貸金業者がアピールする広告文でもある「自宅でネットにつながったスマホやパソコンがあれば、簡単に手続きができます」の最強版ということになりますね。

 

ショッピング枠現金化の比較ランキング

 

田舎に住んでいて銀行まで行く時間がない人に最適

田舎に住んでいる人でも、銀行に行く時間がない場合があります。

 

コンビニのATMで入金できますが、銀行口座に残高がない場合は、融資を受けたり、キャッシングを利用したりするよりも、ショッピング枠現金化のほうがはるかにスピーディーに手続きができます。

 

手続きを省略したり、利用手数料のことも考えると、ショッピング枠現金化は使える借金方法です。田舎ならば、もっと利用機会が多くなるでしょう。

 

交通費を考えると、ショッピング枠現金化も利用価値があります。

 

新たにキャッシングやカードローンの新規申し込みをしなくてもいいわけですから、柔軟に考えてショッピング枠現金化を活用してください。

 

まとめ

田舎に住んでいてもショッピング枠現金化は、交通費や審査に関する時間を考えると、忙しい人や利用している銀行の支店が遠い人は、ショッピング枠現金化を利用したほうがはるかに利便性は高いです。

 

柔軟に考えてみて、ショッピング枠現金化がお得だと思うなら利用したほうがいいでしょう。

クレジットカードは、私達が何か品物を購入した時に、現金ではなく、カードを利用して購入した金額が、後で銀行口座から引き落とされるというシステムです。

 

では、このクレジットカードのショッピング枠を利用して現金を引き出すことができるのでしょうか?
出来るともいえます。

 

皆さんも何度かお聞きになった、もしくはご覧になったことがあるかもしれませんが、ショッピング枠現金化というシステムです。

 

すべてのクレジットカードには、毎月いくらまでの買い物をこのカードで出来るかというショッピング枠が決まっています。
このショッピング枠を毎月使い切っている人は少ないかもしれません。

 

ショッピング枠の中で、ある商品を買ったことにして、その商品を業者が買い取ってくれるということです。
もちろん、ある商品をクレジットカードで買って、同じ値段でその商品を買い取ってくれるわけではありません

 

たとえば、ある金券をクレジットカードで15,000円分買い取ったとします。
そして、そのクレジットカードを現金化してくれるお店でその金券を買い取ってもらいます。
その金額はもちろん15,000円ではなくて、14,000円だったりします。

 

これはある一例ですが、その場合、私達はクレジットカードを使って14,000円の現金を得ることが出来ますが、1,000円は損をしてしまいます。
損といいますが、この1,000円がショッピング枠現金化する業者の利益となります。

 

しかし、私達がこのショッピング枠現金化をするときに気をつけなければならないことがあります。

 

このサービスを行っている業者の中には悪徳業者もいるということです。
クレジットカードで多額のお金を決済させておきながら、現金をくれないとか、法外な手数料を取るとかです。

 

ですから優良店を探すことが必要になります。
優良店の探し方はホームページをチェックして、クチコミなどを見たり、電話をして疑問点を尋ねてみるなどです。

 

もし私達がショッピング枠現金化するときは、このシステムと優良店を見つけるということを忘れないようにしましょう。

続きを読む≫ 2017/02/15 18:04:15 2017年02月

ショッピング枠現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を利用し、現金化する方法です。

 

そんなショッピング枠現金化を利用する上で、最も大切な事が優良店の探し方です。
「優良店?」と思う人もいるかも知れませんが、ショッピング枠現金化を行っている業者は、様々。
その為、優良店を利用し、信頼関係の元、取引を行う事が重要になってくるのです。

 

そんな、優良店の探し方のポイントとしては、まず、ホームページに所在地、固定電話などを明記した会社概要の掲載の有無になってきます。
その際、創業年数も確認しておく事で、優良店の度合いもはかる事ができるかと思います。

 

また、それでも、不安に思う事があれば、迷わず電話で確認してみる事もお勧めです。
電話で実際に業者の人と話をする事で、その業者の良し悪しが見えてくると思います。

 

質問などを通し、その良し悪しを確認すると、より安心して利用する事ができるかと思います。

 

その他としては、やはり口コミサイトの利用がオススメです。
気になった業者に絞って口コミを確認する方法や、「ショッピング枠現金化 口コミ」といった感じでも、多くの口コミ情報を確認することが可能になっています。

 

ショッピング枠現金化を行う場合、どうしても、入金までの時間や還元率ばかりに目が行ってしまう事と思います。
しかし、実際は、そのような事以外にも確認しておきたい事がたくさんある事を忘れてはいけません。

 

ショッピング枠現金化を行うためには専門としている業者を利用して手続きを行うことになります。

 

現在、ショッピング枠現金化を行っている業者は数多く存在しています
それぞれにショッピング枠現金化する際の手数料などが大きく違います。
その中から優良店を見つけ出すのは、非常に難しいことだと言えます。

 

基本的には、ショッピング枠現金化を行う場合の手数料は、金額の15%〜25%程度になっている場合が多いです。
しかし中には、非常に手数料を低く設定しており、95%の還元率などを謳っている業者もあります。
一見還元率が高いため、優良店に見えます。

 

ショッピング枠現金化する際には、業者側もクレジットカードを使用するための機器を使用する必要があり、その機器の使用には5%程度の手数料が必要になります。
その為、95%の還元率という業者の場合、業者側には一切利益が出ないことになります。

 

その業者は詐欺の疑いもある危険な業者と考える必要も出てきます。
手数料が低すぎる業者の場合、言葉巧みに現金をだまし取る手口が多いので、還元率などに惑わされないように、注意する必要があります。

 

逆に、手数料が30%以上といった非常に高い手数料を取る業者も優良店とは言い難い悪徳業者の可能性が高いと言えます。

 

その為、優良店を見分ける場合には手数料が15%〜25%程度に納まっており、現金化の方法もはっきりしている業者を選択することが、優良店を選ぶ基準となります。

続きを読む≫ 2017/02/15 17:08:15 2017年02月

「未成年・学生OK」と紹介している比較サイトがあり、実際にこの記事をご覧になっている方も未成年ながらショッピング枠現金化を出来ないかと比較中の方ではないかと想像します。

 

他の比較サイトでも悪意ある情報を発信する比較サイトについて、そこを経由して申し込みをしないように注意喚起をしているところが増えており、未成年をトラブルに巻き込まないようにする流れが最近ようやく出来つつあります。

 

もう既にこの記事の結論が出てしまっておりますが、未成年の方・・・諦めてください。

 

そもそもなぜ未成年をターゲットに広告をしているのか、その背景について考えますとショッピング枠現金化業界の裏側が見えてきます。

比較サイト無くして利用者が集まらない

当然の事ですが、こうした資金調達方法はたとえ合法の範囲内の取引だとしても、世間の印象は決して良い状況では無い事が想像できますよね。

 

つまり、この業種に関わる広告を世間一般の広告媒体が自主的に取り扱いをしていない動きがあり、他にもアダルトやギャンブル案件、情報商材等の広告も限られた機会にしか目にする事が出来ないのは、各社で一線を敷いているからです。

 

ショッピング枠現金化に関して言えば、一時期は2ちゃんねるのTOPページを各社のバナー広告で埋め尽くしていた事もありまして、実際に調査目的に掲載料金を尋ねてみたこともあったのですが・・・なんと50万円以上の金額でした。

 

そのお金を惜しみなく出してまで広告したいという事は、それだけの費用対効果が見込めていたという事でしょう。

 

今では見る影もありませんが、もう既にこの案件に特化した比較サイトのみでしか知る機会が無くなっているという事は、もっと幅広い意味で考えれば日本の為に良くなってきているとも言い換える事が出来ますね。

業者だけが悪徳と限らない

広告する機会が限られているという事は、比較サイトの存在価値が業者にとって非常に重要な要素になりつつあります。

 

そして、これを逆手にとって悪意ある比較サイト運営者も現れている事が当サイトをはじめ、問題視し始めている懸念事項です。

 

特に最も汚いと言ってしまいますが、社会経験の浅い未成年をターゲットにした悪質極まりない管理者がおり、「無審査キャッシング」というサイトです。

 

最近は、注意喚起が進んだことの影響か中身の内容を変えている様子ではありますが、特定業者に申し込みさせる内容には変わっておりません。

 

未成年者はショッピング枠現金化を利用する事は出来ませんし、成人してからも申し込みをするような大人にはなってはなりません。

続きを読む≫ 2017/01/31 13:53:31 2017年01月

初めてショッピング枠現金化業者が逮捕されてから、毎年のように逮捕者が出ている事をご存知でしょうか?ネット上のニュースで取り上げられる事が多いのですが、事件に大きいも小さいも関係が無いのですが、大事にでもならない限り投稿された事件に関する記事は消えていきます。

 

中にはそのような事件を取り上げてまとめサイト等のネタに使われますが、どうもこのような案件については世間の関心が薄いのか、未だに全国で初めて逮捕された事件についての記事だけがずっと残されています。

 

逮捕された業者と今もなお営業をしている業者の違いには、換金に至るまでの手段や融資・貸金業として集客し、申し込みをした人にショッピング枠現金化を案内して出資法違反に引っかかるなど、古物営業許可を取得していた業者も正規の貸金業営業許可を得ていた業者も逮捕されています。

 

つまり、許可を得たから好き勝手に対応をしても良いという事は無く、営業の許可を認めただけでその内容について違法性を確認した上での許可ではないという事です。

 

現状運営されているところにつきましても、ひょっとしたら違法性が有りながら営業している事も考えられます。

 

考えたら切りがありませんよね?少しでもリスクを抑える為のショッピング枠現金化の比較について下記にまとめます。


必ず比較サイトを見る

 

初見の方も既にどこかで経験がある方もこれは外せない項目であると当サイトでは考えています。

 

単純に業者同士を比較しあっているだけではなく、ショッピング枠現金化そのものに対するたくさんの情報が詰まっており、少なくとも一利用者では知り得ない情報を知る機会は比較サイトが中心です。

 

例え店員さんから受ける説明も、いかに自分たちのところで換金をしてもらうかという営業トークで有りますので、デメリットについて考えさせないようにはぐらかされてしまうかもしれませんし。

 

比較サイトの中で掲載されている業者に一通りコンタクトを取る

 

掲載されている業者から一つを選ぶのではなく、複数のお店にコンタクトを取りましょう。

 

その理由と致しまして、報酬目的で運営されている比較サイトも存在しており、実はほかのお店の方が対応が良いという事も多々あるのが現実です。


この様な手順を踏んだ上で、業者同士も自分の中で比較して優劣を付けていく事が望ましく、特に掲載される情報に嘘偽りが無いかどうかを確認するのは他でも無く自分しかいないのです。
続きを読む≫ 2016/12/29 12:35:29 2016年12月

ここ最近の日本は、これまで平均年収を押し上げていた富裕層が少なくなり、さらにベアと呼ばれる経団連が先導する動きも相まって、中流と言われる世帯が多くなっていると言われています。

 

さらに、少子高齢化に伴い、これからの未来を担う若者にしわ寄せが起きており、年々賃金格差が大きくなって、次第には平均年収額も落ちており、平均年収300万円時代に突入するとも懸念されていますが、ボーナス無しでも考えて1か月の額面が25万円の支給ということですね。

 

しかし、不動産価格は変わらず、収入は制限される一方であるのに物価は対して変わらないのが今の日本・・・年収1/3に規制された貸金業法は、借りられなくなった人たちがさまようキッカケにもなっていると言います。

 

そんな世の中を現すように、ショッピング枠現金化業者は利用者を募り続けています。

 

特に世間体のあるご職業に就かれている方も、この方法であれば何とか工面できるとして忍んで利用しているらしく、中には法人様専用などと特設申込みフォームを用意している業者も有るようです。

 

だからといって何でもかんでも許されている様子も無く、各種メディアではショッピング枠現金化に関する広告の掲載はガイドラインの中で認めないものとする傾向が有り、社会全体でこうした取り組みが功を奏しているのか、年々業者や広告の数も減っていますが、これはあくまでもネットに限った話です。

 

ネットの影響を受けないのか、全国各地に地域に根付いた業者も存在しており、いまだにその需要を失ってはいない現状を感じざるを得ません。

 

金融機関が宣伝するカードローンの世間的な認知度も上がってか、金利もこれまでにないくらいに低金利に借りられるとして主要な金策はショッピング枠現金化でも無く、正規の業者に軍配が上がります。

 

ネットでの展開が減った理由としてはこうした社会の動きだけでなく、SEOというネットで鉄板とされている集客方法の基となる順位決定要素が常に複雑になってきている事も大きい要因です。

 

中身の無いコンテンツを評価しなくなった為、業者を勧めるだけの内容では上位表示されるコトは無く、ネット広告枠の減少は業者の数を飽和させ、結果的に限られたお店しか生き残りが出来なくなっているというかんじでしょうか。

 

SNSと呼ばれる新たなネットワークも有りますが、こうしたネットワークは企業のサービスの一環ですから、このような業種を宣伝させる目的に利用を許可するはずも無く、今後も衰退していく一方ではないでしょうか。

続きを読む≫ 2015/12/08 20:28:08