最上部へ

ゴールドラッシュ

ゴールドラッシュ

ゴールドラッシュ

ゴールドラッシュのショッピング枠現金化の詳細は?

ショッピング枠現金化を利用しようと考えるならば、換金率の話は避けて通ることができません。

 

ショッピング枠現金化においては、一度クレジットカードのショッピング枠を使って買い物をする必要がありますが、その買い物の金額と手に入る現金の金額には必ず差額が生じます。

 

この差額を決めるのが換金率であり、利用者にとって差額が小さければそれだけショッピング枠現金化の手数料も小さいということになるので、換金率は高いに越したことはないでしょう。

 

ショッピング枠現金化業者であるゴールドラッシュは、業界の中でも高い換金率を誇る業者であり、その換金率は最大98.8%と他の追随を許さない圧倒的な換金率です。

 

しかし、最大という表記があるので、これがすべての利用者に適応している数字かというとそういうわけにはいかないようです。

 

ショッピング枠現金化業者がホームページに載せている換金率は大体どこも『最大』『最高』という表現がされており、初めての利用者は実際にこの数字でできると勘違いして申し込みをしてしまうかもしれません。

 

これはショッピング枠現金化業界全体の悪い風習ですが、高い換金率を載せることで利用を促す傾向にあり、あたかもその最大の数字で利用できるというような表記をしています。

 

しかしながら、ゴールドラッシュは最大までとはいかないまでも、通常のショッピング枠現金化業者よりも高い換金率であることは間違いないでしょう。

 

申し込みも24時間対応しているということなので、時間がない人であってもいつでも利用することができます。

 

ショッピング枠現金化業者の中には悪徳業者も存在し、入金されないのではないかと心配になる利用者もいるのではないでしょうか?

 

しかし、ゴールドラッシュはショッピング枠現金化業者の中でも知名度が高く多くの利用者がいることから、初めて利用する人でも安心してショッピング枠現金化できるでしょう。

 

ゴールドラッシュの換金率はどう計算されている?

 

ショッピング枠現金化で最も重要視されるのが換金率ですが、利用者はもちろんのこと業者も換金率を気にします。

 

換金率で割り出されるのは利用者の手元に入る現金の金額だけではなく、業者の利益がいくらになるかという意味も含んでいるからです。

 

ゴールドラッシュをはじめ、すべてのショッピング枠現金化業者は利益のために営業していますので、もちろん利益が見込めないのであれば、そもそも社会的にグレーゾーンとされているショッピング枠現金化をわざわざ生業にする必要がありません。

 

そのため、ショッピング枠の換金率は業者の利益に直結するので、業者も取引する際の換金率には慎重になるのです。

 

ショッピング枠現金化業界で他社と比較して換金率を上げれば利用者は集まりますが、利益が出ない取引ばかりになり営業を続ける意味がなくなります。

 

逆に、利益を重視するあまり換金率を下げれば利用者は集まらないことになり、これも営業ができなくなるでしょう。

 

このバランスを取ることがショッピング枠現金化業者の一番難しいところでありますが、利用者としてはそんな事情は知ったことではありません。

 

しかし、このバランスを取ることが難しいがために、安易に利益だけを重視して利用者を騙すのが悪徳業者です。

 

悪徳業者が利用者を騙すのは簡単であり、高い還元率でショッピング枠現金化しますよ、という一言だけです。

 

このとき悪徳業者は利用者が換金率しか重視していないと見透かしているので、むしろ換金率の話しかせずに、ショッピング枠現金化のリスクなどには全く触れません。

 

悪貨が良貨を駆逐するとは正にこのことであり、真っ当に営業しようとしているショッピング枠現金化業者が、悪徳業者が謳う換金率に勝てないのは当然のことで、結果的に悪徳業者を利用してしまうともちろん利用者はさらに困ることになるのは明白であり、それだけでなく真っ当なショッピング枠現金化業者もいなくなってしまうのです。

 

ショッピング枠現金化の優良業者は自分たちの利益だけではなく、利用者の利益も考えた上での換金率の設定を行いますが、営業を行う上での必要経費も換金率の中に集約されているとなると、業者の利益はほとんどないということも考えられます。

 

利用者としては、このような背景を知るだけでも、あまりに高い換金率はあり得ないということがわかるかと思います。

 

実際にショッピング枠現金化業者に申し込みをして比較すれば、自ずとどれくらいの換金率が相場であるかということがわかるでしょう。

 

その中で、ゴールドラッシュの換金率は他社と比較して高いと言えることができます。

 


トップ ショッピング枠現金化初心者の人へ ショッピング枠現金化経験者の人へ